レンタル・中古・最新のそれぞれのメリット
2016.12.20

subimg02個人で事業を営まれている人や、会社を経営している事業主などの方々にとって、複写機能専用のコピー機器よりも、スキャナーやファックス、パソコンデータを紙に出力できるといった、様々な機能を持ち合わせている汎用性の高い、カラー・モノクロ複合機をオフィスに導入することは、効率的に業務を行っていくにあたり、非常に便利で大切なこととなってくるでしょう。この機器をオフィスの一角に設置し、有効活用していくためには、定期的なメンテナンスサービスや、アフターフォローの評判の良い業者から、レンタル・中古・最新の機種を導入したり、リース契約を結ぶ必要があります。

最新の機種や中古機種を購入、あるいはレンタル、リース契約をする際に覚えておきたいこととしては、まずそれらの、それぞれのメリットをおさえておくことが、経費削減や、スムーズな事務的業務などを行うにあたり、重要な要素かつ、ポイントとなってきます。コピー複合機の購入を検討されている方の場合には、最新機種の新品機器と、中古機器の各メリットを知っておく必要があるでしょう。この機器の耐久年数は、一般的に5年程度とされており、税制上の耐用年数も5年間となっています。あるサイトでは、業務上、印刷する枚数が多い事業主の方であれば、長期間使用することを前提として、新品の機器を購入した方が良いとされており、それほど印刷する枚数が多くなければ、中古品の方がお得になるとされています。これらには、購入費用の他に、保守費用を含んだ、総体的な角度から見たものをその根拠としています。

また、これらの機器を購入するのではなく、リース契約を考えている方の場合では、月あたりの印刷枚数が大量になると見込まれるのであれば、新品のモデルや機種を選択することが望ましいともしています。なぜなら新品の機種のケースでは、中古品と比べてみても故障率が低く、メンテナンス時の保守費用が安くなる傾向にあるからだとしています。ちなみに保守費用とは、トナー代金や機器の不具合による故障時などにかかる、メンテナンス料となります。なお、コピー複合機をレンタルしたり、リース契約を結ぶ際には、その意味を混同してしまいがちですが、レンタル契約の対象者としているのは、個人や法人で、利用期間は数日からおよそ3年間となっているのに対して、リース契約では法人のみを対象としており、利用期間は5年以上となっています。リースのメリットしては、導入したい機器を選べられるという点にあると同時に、初期費用も発生しないことも利点であるといえるでしょう。一方のレンタルでは、個人の方でも短期契約が結べられることがメリットのひとつとなるでしょう。これらの方法から、自身の事業用途に適した形態を選ぶことによって、忙しい日常業務を効率よくこなしていくことが可能になります。

▲ ページトップへ