レンタル・リース契約と保守契約
2016.12.20

subimg04コピーをする際使用する複合機。会社などでレンタル・リースを行っているところもあるのではないでしょうか。一般的にこの複合機はレンタル・リースされる事が多くなっていますが、やはりそれは初期費用を抑える事が出来るからではないでしょうか。実際に本体を購入するとなると結構な金額になってきます。しかしレンタルやリースをする事で、その費用をぐっと押さえる事が出来るので大変便利です。そんな複合機をレンタル・リースする際に大切になってくるのが保守契約です。これは一体どの様なものなのでしょうか。これは、万が一本体に何かトラブルがあった際メンテナンスをしてくれるものになります。これがあれば万が一故障してしまったり何かトラブルが起きた際でもしっかりとその業者に対応をしてもらう事が可能です。

トラブルなんて起きるか分からないしそんなものは必要ないのではないかと考える人もいるかもしれませんが、やはり使用していればいつどんなトラブルや故障が起きてしまうか分かりません。その為、万が一の事を考えてしっかり申込みをしておいた方が後々良いのではないでしょうか。トラブルが起こらないのが一番良いのですが、やはり紙が詰まって故障してしまったり、急に動かなくなってしまったり絶対トラブルが起きないとは言い切れません。もしこの保守契約に入っていなければ、修理代など別途掛かってしまいますし、修理をする為の費用が高くなってしまいます。その為、しっかりと申込みをする事で万が一に備える事が出来、安心して使用する事が出来ます。内容としては、出張して修理をしてもらう費用や部品交換代など含まれているので万が一の際でも便利に利用する事が出来ます。

これは別途申込みが必要になり、また業者によってもサービスの内容が異なるので、申込みをする際にしっかりどの様な内容になっているのか確認をする必要があります。特に一日にコピーを何枚もするという場合や使用頻度が高いところでは、しっかり万が一に備えた方が安心して使用する事が出来るでしょう。また、もし故障してしまった場合でも、すぐに来てもらい対応もしてもらう事が出来、充実のサポート体制になっているので加入をしていて損が無いものになっています。レンタルなどしているところでは、だいたいのところが申込んでいるものになっているので、是非しっかり申込みをしましょう。そうする事でトラブルが起きた際でもしっかり修理をしてもらう事が出来、問題無く使用する事が出来る様になるでしょう。

▲ ページトップへ